時事

「アベノマスク」の名付け親!弁護士の明石純平先生とは?ツイッター反応まとめ

2020年4月2日にトレンドワード1位を獲得した「アベノマスク」

新型コロナウイルス対策として、安倍首相が全世帯に布製マスクを2枚配布すると発表したことで皮肉られた「アベノミクス」ならぬ「アベノマスク」という造語。

名付け親である弁護士の明石純平先生とはどんな人物なのでしょうか?
ツイッタでの反応もまとめてみました。





「アベノマスク」の名付け親!弁護士の明石純平先生

 

 

誰が最初に言い出したのか「アベノマスク」w

この皮肉たっぷりなパワーワードは「流行語大賞間違いないですね」「センスよすぎる」「名言」という反応とともに広く拡散されていきました。

 

そして、

 

ツイッターのトレンドで1位獲得。

そして世界各国のメディアで「アベノマスク」が報じられてしまいました。

 

盛り上がり過ぎて、コラ画像もたくさん出回りました・・・

 

ここまで大きな話題になった「アベノマスク」を最初につぶやいた名付け親は、

明石順平さんという方です。

 

 

1984年、和歌山県生まれの栃木県育ちの弁護士さんです。

労働事件や消費者被害事件を主に担当していて、ブラック企業被害対策弁護団のメンバーとしても活動されています。

 

本業のかたわら、「モノシリンの3分でまとめるモノシリ話」というブログを運営されていて、アベノミクスの問題点をわかりやすく解説してくれています。

『アベノミクスによろしく』という本も出版されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アベノミクスによろしく [ 明石 順平 ]
価格:814円(税込、送料無料) (2020/4/7時点)

楽天で購入

 

 

アベノミクスに精通されてる方なんですね。

だからあれだけパンチの効いた「アベノマスク」というパワーワードを生み出すことが出来た事に納得です。

 

「アベノマスク」が生まれたツイート

 

 

超絶進化を遂げた・・・って^^;

「アベノマスク」は日本だけにとどまらず、世界中に駆け巡ったわけですから、嘆かわしくも進化を越えて「伝説」になってしまいましたね。





ツイッター反応まとめ

 





まとめ・・・

 

「アベノマスク」の名付け親である弁護士の明石純平先生についてと、ツイッタでの反応をまとめました。

 

皮肉のパンチが効きすぎた「アベノマスク」

安倍首相はどう思っているのでしょうか(汗)

アベノマスクを払拭できる、パンチの効いた政策が出てくることを祈ってます。

RELATED POST