芸能ニュース

港区女子 奥村美香は志村けんの最後の女?松本人志が語った「微妙な女性」か?

2020年4月7日、奥村美香さんという方が志村けんさんが心を許した「最後の女性」だったと週刊誌で告白しました。

志村さんが新型コロナウイルス肺炎で亡くなってまだ日が浅いにも関わらず、このような話を語った事から世間からは「売名行為だ!」と批判が殺到しています。

果たして奥村美香さんは本当に志村さんの「最後の女性」だったのでしょうか?

それともワイドナショーで松本人志さんが語った「微妙な女性」だったのでしょうか?





港区女子 奥村美香は志村けんの最後の女?

 

奥村美香さんは、モデル・女優・タレントとして活動されている女性です。

 

志村さんが入院する直前までLINEでやり取りをしていたそうです。

 

私、けんさんが入院する前日までLINEをしていたんです。

3月19日のLINEは既読になりましたが、返事がありませんでした。

いつもはLINEをするとすぐ返事がきていたので、変だなと思いました。

でも、映画のお仕事が忙しいのかもしれないと思っていたんです。

そうしたら、25日に陽性で入院しているというニュースが流れてきて。

嘘だと思って、すぐにLINEをしました。でもいつまで待っても返事がなく、とうとう既読にすらならなくて……

 

志村さんが自宅静養に入っていた時期ですね。

既読表示のみだった19日は、発熱と呼吸困難の症状が出て、翌20日に緊急入院したので返信が出来なかったのでしょう。

 

奥村美香さんが志村けんの「最後の女性」と語っているエピソードをまとめると、

 

・初めて出会ったのは2年半前の食事会

・意気投合してすぐに関係が深いものとなった

 

・週に3回会うときも会った

 

・会っても顔は隠さず麻布十番で手をつないで歩いたり肩を組んだことも

 

・「結婚は諦めていない」「子供が欲しい」と話した

 

・福井の温泉で年越しに誘われたこともあった

 

・よく深夜に志村さんから「全然眠れないんだ」「今夜は満月がきれいです」 「恋しましょう」などと LINEがきていた。

 

・「舞台は慣れるものじゃない」「お笑いのネタが思いつかない」などと弱音を吐くことも。

 

・知り合って1年ぐらいの時に大げんか。
1ヶ月ほどしたら志村さんから「元気ですか?」とLINEが来て再び合う

 

・2018年12月に奥村美香さんの母親の誕生日にサプライズとして志村さんを紹介。麻布十番の高級寿司店を予約してくれた

 

・母親と一緒に「志村魂」を見に行く。

 

確かに親密なお付き合いはされていたようですが、実際のところは志村さんがどう思っていたのかは、もう知るよしがありません。

 

売名行為と批判殺到し、炎上

多くの人たちが志村さんの死を重く受け止め、悲しみにくれています。

そんな中で、週刊誌で2人の思い出をペラペラ話している感じに、不快感を感じる方が多いようです。

 

 

志村さんが亡くなって間もないこの時期に、話すことではないと思いますね。

インスタでもかなりコメントが荒れています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

‪けんさん亡くなりました。お世話になっていたので本当に残念すぎます。‬楽しかったです。 ‪突然すぎてショック過ぎて本当悔しいです。 なんでけんさんなんだろう。。‬ ‪若者の皆さん、軽症だから大丈夫、自分は若いから大丈夫。って思わないで下さい。若くても重症化する場合もあるしお年寄りに移して最悪死に繋がります。安易な考え方辞めて下さい。‬ ‪お悔やみ申し上げます‬#志村けん#お笑い#天才#志村魂 #楽屋 #お邪魔しました #安易 #コロナ #コロナ対策 #水着 #オーディション

奥村美香(@okumura.mika)がシェアした投稿 –

 

売名行為だと言われても仕方ない感じがします。

 

「スッキリ」で特集された港区女子として出演していた

「港区女子」とは、グルメ情報誌「東京カレンダー」から生まれた言葉で港区で遊び慣れた高級志向の女性のことを指すようです。

港区女子以外にも「港区おじさん」など、独自にカテゴライズした言葉が東京カレンダーから生まれています。

そんな港区女子として、奥村美香さんが出演されていました。

 

バブル時代を彷彿させるバブリーな生活を送ってる若い女性たちで、交際相手は年収1000万以上のハイスペックな男性をターゲットにしてるとのこと・・・

 

そんな番組の企画に参加していた奥村美香さんに対し、こんな辛辣なコメントも・・・

 

ここまで見ていると、志村さんの「最後の女性」のイメージからはかなりかけ離れていてとても残念な気がしますね。

最後の女性というよりは志村さんの「彼女たちの中の1人」だったという感じがしてなりません。





奥村美香は松本人志が語った「微妙な女性」なのか?

 

ダウンタウンの松本人志さんが、2020年4月5日放送のワイドナショーで志村けんさんの思い出を語りました。

 

最後に会ったのが、去年の6月に麻布十番の焼き鳥店だったことを明かし、

「後で聞いたら志村さんが払っていただいたみたいで、微妙な女性と一緒にいました

と笑わせ、

「それが志村さんなのよ。いっつも微妙な女性と一緒にいるの」

と振り返った。

 

実際にお話されてる動画はこちらです。

私も実際に放送をみていましたが、松本さんが、

あの志村けんが目の前にいるのにスマホを触ってる

と、信じられないと言わんばかりに「微妙な女性」について話していたのが印象的でした。

 

松本さんが見かけた「微妙な女性」が奥村美香さんだったのかはわかりませんが、そうなのかもしれないと残念ながら感じてしまいます。

 

この意見には賛成です。

お二人の関係性が浅かったのか深かったのかはわかりませんが、志村さんに良くしてもらっていたことは何となく分かります。

志村さんとの良い思い出が、今回の奥村美香さんの発言によって、世間からバッシングされ、辛いものになってしまうのは残念すぎますね。

志村さんも悲しむと思います。





まとめ・・・

 

奥村美香さんは志村さんの「最後の女性」だったか?
それとも「微妙な女性」だったのか?

調べました。

「言わぬが花」という言葉があるように、心の中で故人を偲んで欲しかったですね。

 

RELATED POST