時事

「コロナ禍」ってなんて読む?意味は?なべ・うず?読み間違え多数

最近、よく目にする「コロナ禍」という言葉、皆さん読めますか?

私は「コロナわざわい」とか「コロナなべ?」(←鍋ではないことはわかってましたが)と声を出さずに読んでいました・・・汗

色々調べてみたところ、同じように思っている人が他にもたくさんいましたので、今回は、”コロナ禍”の読み方・意味などを調べてみました。





「コロナ禍」ってなんて読む?意味は?

 

 

他にも読めない人がたくさんいて、ホッとしてしまいましたw

 

 

コロナ禍の「禍」を「なべ・うず」と漢字の見た目で読んでいる方が多かったですね。

 

 

「わざわい」と読むことはわかっていても、「コロナわざわい」ってゴロが悪くて、声に出すと韻が良くないですよね・・・

 

「コロナ禍」の読み方

 

まず、辞書で「禍」を調べるてみると、

「か」、「わざわい」、「まが」

という読み方があります。

 

「禍」という漢字は、配置によって読み方が変わるようです。

 

禍が前にくる場合「マガ」と読む

禍事(マガゴト)・禍禍(マガマガ)しい


禍が後ろに場合「カ」と読む

殃禍(オウカ)・奇禍(キカ)・黄禍(コウカ)・災禍(サイカ)・惨禍(サンカ)・水禍(スイカ)・舌禍(ゼッカ)・戦禍(センカ)・筆禍(ヒッカ)・輪禍(リンカ)

 

コロナ禍は「禍」が後ろにあるので、読み方は次のようにまります!

 

 

「なべ」とか「うず」とか色々読んできましたが、普通に「か」だったんですねw

 

「禍」の意味は?

 

「コロナ禍」は「ころなか」と読み、

「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味です。

 

「禍」は訓読みでは「まが」や「わざわい」と読みますが、「禍(わざわい)」と「災(わざわい)」の違いは何なのでしょうか?

 

 

・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄

・「災」は防ぎようのない天災

 

つまり、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈すると人為的になるので「禍」になるんですね。





ツイッターでの反応

 





まとめ・・・

 

多くの人が読み方を間違えていたり、悩んでいたりしてましたね。

メディアは新しい言葉が出てきたら、読む人にちゃんと伝わるようふり仮名をつけて欲しいですね。

RELATED POST