時事

Go Toキャンペーン延期しない理由は利権絡み?ANTAの役員構成に関係か?

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けた産業の消費を喚起するために、政府が打ち出した「Go Toキャンペーン」

しかし、コロナ感染の第二波が広がりを見せる中で、なぜ政府は延期をしないで強行しようとしているのでしょうか?

国民の多くが疑問と不安の声を上げています。

 

延期できないなにかしらの理由があるのか?

まとめました。





Go Toキャンペーン延期しない

 

7月22日から始まる「Go Toキャンペーン」

「Go Toキャンペーン」とは?

 

新型コロナの影響を受けた地域における需要喚起と再活性化を目指すもの。

官民一体で消費喚起を行う事業で、国が民間業者に委託して実施される。

 

キャンペーンが打ち出されたのはコロナ感染者の増加が抑えられてきて、緊急事態宣言が解除された頃です。

自粛を余儀なくされ、経済活動が止まってしまった状況を打破するために打ち出されたこのキャンペーンは、コロナの煽りを受けた業界も自粛を乗り切った消費者もWIN WINな政策でありました。

 

しかし、ここにきて東京都では7月9日から3日連続で感染者が200人を突破。

感染再拡大の兆しも見える第二波が懸念される状況です。

 

そんな中で、キャンペーンを中止するわけでもなく、延期を検討するわけでもなく、実施するのはなぜなのでしょうか?


3密に気を付けGoTo
活用」 はどう考えても感染拡大キャンペーンになりかねないと国民の誰もが思っています。

 

このタイミングでキャンペーン実施…観光地とその周辺にお住まいの高齢者をGo To Heavenさせるおつもりか(´Д`)
政府のやってることは矛盾だらけ 3蜜気をつけてGoTo 活用って無理やろ
「感染拡大防止と社会活動の両立に取り組み…」は不可能。 よってGOTOは中止して休業補償や被災地支援に使うべき。

 

誰もがこれは矛盾していると強く感じていますよね!!

 

延期しない理由は利権絡み?ANTA役員構成に関係か?

 

国民の大半が「延期した方がいいのでは?」と思っている中、ツイッターでは

 

「#GoToキャンペーンを中止してください」

「#Goto延期」

 

とハッシュタグ付きで政府に物申してします。

 

 

キャンペーンを強行実施する意味がわからなく、そこには大きな「利権」が 絡んでいるのではないかと政府に対する不信感が強まっています。

 

GoTo延期しない理由ってこれでしょ?

 

利権絡みが囁かれる中、あるツイートが話題になっています。

 

 

Go Toキャンペーンを延期しない理由として、ANTA(全国旅行業協会)の役員が原因なのではというものです。

 

 

拡大して見てみると、

 

一般社団法人全国旅行業協会の会長が、

自由民主党の二階幹事長です。

 

「あっ・・・なるほど、そういうワケですか・・・」

 

と思わず言葉がこぼれてしまいました。

 

 

Go Toキャンペーンを延期しない理由は、正に二階幹事長の影があるからと思われても仕方がないように感じます。

 

こんな大変な時期に「延期しましょう!!」と声を上げる政治家がいないことは残念でしかないですね・・・





まとめ・・・

 

Go Toキャンペーンを延期しない理由と国民の声をまとめました。

政府がこのままで頑なな姿勢を取るにはキャンペーンは実施されるものと思います。

私たち一人一人が「今どうするべきか?」をしっかり考えて行動するしかなさそうですね。

RELATED POST