番組

【戦国炒飯TV】信プレックスの元ネタはCOMPLEX?オマージュ部分を比較してみた

現在放送中の歴史バラエティ「戦国炒飯TV」の人気コーナー「ミュージックトゥナイト」に登場した新ユニット・信プレックス!

今回は信プレックスとその元ネタであるバンド「COMPLEX」のオマージュ部分を比較してみました。

Twitterの反応もあわせてお楽しみください。





信プレックスの元ネタはCOMPLEX?

 

「信プレックス」とは、ボーカルの武田信玄とギターの上杉謙信のユニット・バンド(という設定)です。

ユニット名の由来は、お互いの名前に「信」が入っているからだそうです。

 

 

そしてこちらがオマージュ元となった「COMPLEX」です。

 

COMPLEXとは・・・

シンガーソングライターの吉川晃司さんと元BOØWYのギタリスト・布袋寅泰さんの2人によって結成された伝説の音楽ユニット・バンド。

 

1988年から1990年まで活動していたが、わずか2年で活動休止。

2011年に東日本大震災の復興支援を目的にチャリティ・ライヴで開催し、一時復活を遂げる。

 

 

ボーカルとギターのみという共通点やバンド名の酷似から、信プレックスの元ネタはCOMPLEXで間違いないと思われます。

 

オマージュ部分を比較してみた

 

 

ミュージック・トゥナイトで放送された信プレックスの楽曲「シンゲン ケンシン」

この曲はCOMPLEXの楽曲「Be my baby」をかなりオマージュしています。

 

それではここからオマージュ部分を比較していきましょう!

 

オマージュ① イントロ

 

最初のオマージュはイントロです。

 

COMPLEXは、

「Be my baby Be my baby…」

 

と繰り返す印象的なイントロから始まります。

 

 

それに対して信プレックスは・・・・

 

「シンゲンケンシン ケンシンシンゲン」

と繰り返すイントロで幕を開けます。

 

この時点でTwitterでは「まんまBe my bebyじゃん!!」という声が多数上がりました。

 

 

 

 

ちなみにここのイントロ部分!

信プレックスの2人はCOMPLEXの2011年チャリティ・ライヴの時の吉川晃司さんと布袋寅泰さんの真似をしてステップを踏んでいました。

 

 

このガッチリ握手をしているシーンもオマージュされていましたw

分かる人にしか分からない細かいネタですが、元ネタがわかる人にとっては歓喜の一瞬でした(笑)

 

オマージュ② サビ

 

次のオマージュはサビです。

 

COMPLEXの方は

「Be my baby~♪ Be my baby~♪」

と、誰でも口ずさめるようなノリのいいキャッチーなフレーズで歌い上げます。

 

 

一方、信プレックスは、

「シ~ンゲンケンシ~ン♪ ケ~ンシンシンゲ~ン♪」

と、負けじと似ているキャッチーなフレーズで歌い上げます。

 

こちらの動画は配信告知SPOTなので非常に短いですが、曲調ニュアンスは大体つかめると思うので見てみてください。

 

なかなか真似クセが強いことがわかってもらえたと思います。

 

ここまではややギリギリラインでオマージュしているのですが、この後、信プレックスはラスサビ部分で禁断のフレーズを歌ってしまいます!!

 

なんと!!!

「シンゲンベイべー ビーマイケンシン」

と歌ってしまいましたwww

 

これに対してTwitterは「言ってしまった!」と爆笑の渦に飲まれます。

 

 

 

 

ここまでやっちゃうとご本人達からクレームが来ないか心配になってしまうレベルです!

 

オマージュ③ シンバルキック

 

シンバルキックとは吉川晃司さんの十八番で、曲の最後にその名の通りシンバルを蹴り上げるという格好いいパフォーマンスがあります。

 

長い脚で超絶かっこいい♡♡♡パーフォーマンスに惚れ惚れなのですが、

 

なんとこれも!!

信プレックスのボーカル・武田信玄がやりました!

 

明らかに一つだけ浮いている後ろのシンバル・・・

これを見事に蹴り上げましたw

 

これを見たTwitterの反応は、

 

 

 

かなりの部分をオマージュしていましたね(笑)

 

元ネタがわかると本当に面白いので、知らない方は是非、

本家を見て・聞いて・比べてほしいです!!

 

元ネタ・COMPLEXの楽曲「Be my beby」はコチラ

 

信プレックスの楽曲「シンゲン ケンシン」はコチラ





まとめ・・・

 

いかがでしたでしょうか。

かなり細かなところまでオマージュしているので、知れば知るほど奥深く楽しめますし、爆笑は間違いありませんw

 

今後、信プレックスがどのような活動をみせてくれるか楽しみでなりません。