番組

【逃走中】ハンターの正体や素顔は?気になる募集条件やギャラを調査

不定期で放送されている人気バラエティー番組「逃走中

その番組内の、黒スーツにサングラスの出で立ちで隠れている芸能人(逃走者)を捕まえるハンターの存在が気になりませんか?

この記事では、ハンターの正体や素顔・募集条件やギャラについてまとめました。





【逃走中】ハンターの正体や素顔は?

 

早朝の街中や、テーマパークやショッピングセンターを舞台にして大規模な鬼ごっこを行う『battle for money 戦闘中

 

その中で鬼の役割で登場するのが、スーツとサングラスがトレードマークの「ハンター」です。

 

ハンターの設定は、

クロノス社の若き天才科学者「月村サトシ」が開発した、スプリンターの脚力とマラソンランナーの持久力を併せ持つアスリートアンドロイド

となっています。

 

超人的なアンドロイド設定ですが、やっている人は普通の人間(エキストラ)です。

 

一応、公にはハンターの正体や素顔は公開されていませんがよくお見かけするメインのハンターが数名いらっしゃいますので紹介します。

 

ハンター:01KR 笠原 竜司

  • 名前:笠原竜司(かさはらりゅうじ)
  • 生年月日:1967年5月4日
  • 身長:184cm
  • 職業:俳優
  • 特技:現代アクション、アクロバット、ジャズダンス

 

記念すべきアンドロイド1号機の方です。

 

初代ハンターとして人気が高く、創成期から番組を支えていた方ですが、2014年、47歳を迎えた時に引退されました。

 

ハンター:08TT 手賀 崇文

  • 名前:手賀崇文(てがたかふみ)
  • 生年月日:1980年4月14日
  • 身長:185cm
  • 職業:モデル
  • 特技:バレーボール

 

番宣でセンターを飾ることが多いです。

 

 

シュッとしたイケメンなので、メインに起用されているのかもしれませんね。

 

ハンター:06TT 高木 悠暉

  • 名前:高木悠暉(たかぎはるき)
  • 生年月日:1981年11月9日
  • 身長:183cm
  • 職業:俳優、モデル
  • 特技:乗馬、サッカー、マラソン、ダンス

 

とにかく脚が早いのがこの方。

出演回数38回・総確保人数176人という驚きの記録を持っているエリートハンターです。

 

これから注目したいハンター

 

素性は明らかにはされていませんが、これからの活躍によっては分かるかもしれませんね。

是非、ハンター番号を覚えておいて下さい。

 

気になる募集条件やギャラを調査

 

アンドロイドの機械的な演技をしながら、並外れた身体能力を発揮しなければならないハンター役になるには条件や決まり事がたくさんあるようです。

 

ハンターの採用条件

 

ハンターの仕事はどうやら短期のバイトのようで、大学生が多いそうです。

なので普通に面接があるそうです。

 

❶ 面接

 

ハンターには喋るシーンは一つもないので、何をみられるのかなと考えるとざっと「外見」を見るのかなと思います。

 

一番は身長で、目安は180cm前後というのが条件のようです。
(175以下NG)

 

その他にも、

・スーツやサングラスが似合うか(童顔だと迫力がない)

・太ってない

など、その人がハンターとしてふさわしいのかどうかをチェックするのではないかと思います。

 

❷ 実地試験

・50m6秒5
・20mシャトルラン125回以上
・1500m走を10分切る
・スピードを抑制できること

が最低条件のようです。

 

その他にもアンドロイドという設定になっていることから綺麗なフォームは外せない部分なのかなと思います。

 

特に資格はいらないバイトですが、条件に関してはかなり厳しいですね。

 

ハンターのルール

 

ハンターになったら、必ず守らなければならないルールがあるようです。

 

逃走者同行のカメラマンを見つけて確保してはいけない!

 

逃走者には必ずカメラマンがついています。
そのカメラマンを見つけただけで、逃走者を確保してはいけないルールです。

あくまでも逃走者本人を見つけてから追いかけなければならないという事なので、カメラマンだけを見つけた場合はスルーをしなければなりません。

 

アンドロイドになりきる!

 

番組の設定上、人間だと悟られてはいけません。
なので、徹底しなければならないとされています。

自分はアンドロイドだと言い聞かせながらやらなければいけないそうです。

 

探す時にしゃがんだり背伸びをしてはいけない!

 

しゃがんだり背伸びをして逃走者を発見してはいけないというルールです。
感情を伴う人間らしい動きはダメということになります。

ゆっくり歩いたり、身体をしっかり使いながら方向転換など機械っぽく逃走者を見つけなければいけないということですね。

 

両手でしっかり肩を抑えて捕まえる!

 

逃走者の内には女性芸能人も数々出演しています。

なので、捕まえる際に身体の特定部分を触ってはいけないという配慮がされています。(簡単にいうとセクハラ防止です)

 

両手でしっかり肩を抑えて捕まえる事を徹底しているようです。

 

疲れを見せてはいけない

 

ハンターはアンドロイドという機械で出来ているという設定です。

なので、絶対に疲れてる素振りや表情はNGとなります。

息切れもダメだと思われますが、本当にやっているのは人間ですからある程度は見逃してもらえてるはずです(多分・・・)

 

大まかなルールを上げましたが、他にも細かいルールが色々ありそうですよね。

 

ハンターの給料・ギャラは?

 

これだけ条件やルールが厳しく、演技力・身体能力が求められるハードなお仕事(バイト)ってどれくらいのギャラがもらえるかかなり気になります。

 

調べてみた所、撮影拘束時間が約8時間で、

固定給1~3万円+確保した人数×2000円

交通費は別途

のようです。

 

固定給は個人の役割によってばらつきがあるようです。

逃走者を捕まえれば、1人につき2000円の出来高払いがあるので数をこなせたら結構良い金額になりますね。

 

逃走者は賞金が欲しくて頑張って逃げ切ろうとしていますが、ハンターも高額なバイト代が欲しくて頑張っていたんですね。

 

これからハンターが逃走者を捕まえるたびに、「はい!2000円ゲット~」といってしまいそうですw





まとめ・・・

 

ハンターの正体や素顔・募集条件やギャラについてまとめました。

無表情・クールな表情で息を荒げることなく走る姿がカッコイイハンターですが、色々と苦労があったんですね。

これから逃走中を見る時は、違った角度から楽しむ事ができそうです。