未分類

メタバースって何?わかりやすく解説!VRとの違いは?意味・特徴・発展と共に私達の生活はどう変わる?

多くの人が関心を寄せている「メタバース」

Facebook社が社名を「Meta Platforms(メタ・プラットフォームズ、以下メタ)」に変更するなど何かと注目を集めていますが、メタバースとは一体何なのか、調べてもよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

メタバースについてさまざまな事例が紹介されていますが、調べれば調べるほど頭が混乱し「一周回ってよくわからない!」という気持ちになるかもしれません。

そこでこの記事では、メタバースとは何かを知りたい人向けに、メタバースの意味や特徴について、誕生した背景や現在の状況、そしてポテンシャルを交えながらわかりやすくご紹介します。





メタバースって一体何なの?VRとの違いは?

 

メタバース(Metaverse)とは、

「超越(メタ)」と、「宇宙(ユニバース)」の造語です。

 

この言葉が最初に登場したのは、『スノー・クラッシュ(Snow Crash)』というSF小説でした。

 

小説では、参加者たちが集まるインターネット上に広がる仮想世界を指す言葉に用いられまています。

 

このことから、

メタバース=仮想空間(バーチャルリアリティ、VR)

とイメージするかもしれませんが、厳密に言うと異なります。

 

VRを構成しているのは、

3次元の空間性

自己投射性(自分がそこにいるような実感が得られる)

実時間の相互作用性(自分の行動に空間が即反応・変化する)

の3要素です。

 

しかし、メタバースにはここに、

「社会的相互作用」

が追加されます。

 

社会的相互作用とは・・・

 

社会的相互作用とは簡単に言うと、他人とのやり取りのこと。

電車に乗り合わせた人と趣味の話で盛り上がる、家族に愚痴を聞いてもらうなど、他者と交流することによって、互いに影響を受け合うことを意味します。

 

VRは個人でゲームを楽しむ・特定のコンテンツを視聴するといった行動も含まれます。

 

しかしメタバースでは、アバターを通じて、

時間と空間を他のユーザーと共有している感覚が持てているかどうか

も大事な要素なのです。

 

メタバースの定義が難しいと言われるのは、4つの要素を持っているものの異なる特徴を持つVRが次々に登場しているからかもしれません。

 

こうした複数のVRが存在する世界を束ねて、新たなものを生み出しているのがメタバースなのです。

 

MMORPGからVRChatへ
メタバースはどうやって発展した?

メタバースについてより具体的にイメージするには、VRがどう進化してきたかを見るのが一番です。

 

VRは、遊びやゲームが体験できる空間として発展し現在に至ります。

これまで誕生したVRの中には、メタバースの要素を持つものもありますが、ここでは「MMORPG」と「VRChat」を例に挙げてご紹介します。

 

①MMORPG

 

MMORPG(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン・ロール・プレイング・ゲームの略)は、日本語で「大規模多人数同時参加型オンラインRPG」といいます。簡単に言うと、不特定多数の人が参加して、コミュニケーションを取りながらプレイできるオンラインゲームのことです。

 

1990年代に人気を博した「ラグナロクオンライン」

 

などがMMORPGにあたりますが、

 

  • 不特定多数のユーザーと同じゲームの世界を共有する

 

  • ゲームの世界では、冒険に出たり、冒険に出ずに他のユーザーと会話を楽しんだりするなど、好きなように行動できる

 

 

というMMORPGの特徴は、後に登場するメタバースを連想させます。

 

②VRChat

2014年にリリースされ、現在最もメタバースに近い存在と言われているプラットフォームです。

 

VRChatは他のプラットフォームと比べ、ゲーム性よりも社会性を追求している点でメタバースの要素が強く出ているVRです。

 

VRChatには、

  • さまざまな「ワールド」を作成できる

 

  • ユーザーは好きなワールドを選んで参加(Join)する

 

  • パーティーを楽しんだり、自分の部屋で仲間と会話したりと、さまざまな”社会生活”を体験できる

 

  • 現存しない建物を再現したり、宇宙旅行したりと、想像上の世界を体験できる

 

 

といった特徴が見られます。

 

 

VRChatに存在するワールドの数はおよそ25,000種類以上。

そして、ワールドは現在も増え続けています。

 

VRChatはまさに、複数のVRをまとめ進化を続けるメタバースを具現化しているプラットフォームと言えるでしょう。

 

 メタバースの発展で期待されていることは?
私達の生活はどう変わる?

将来メタバースがより進化する可能性を秘めていることは、世界的に影響力を持つ大手IT企業が参入していることからもわかります。

 

例えば、メタはFacebook時代からメタバース事業に積極的に取り組んでいて、2019年に「Facebook Horizon」を発表し、2021年10月には「Horizon Worlds」をリリースしました。

 

 

メタのアバターは上半身のみというユニークなものですが、まるでリアルな人のように動くアバターに興味を刺激された人も多いのではないでしょうか。

このアバターこそが、メタバースを進化させる原動力です

 

メタバースでの体験は、私たちの体験そのものです。

しかし、アバターがなければそれは実現しませんし、

「そこにいるかのような感覚」

は、アバターの見た目や動作によって大きく影響されます。

 

メタバースの進歩は、アバター技術の向上にかかっていると言っても過言ではないです。

全身を撮影したものを基に、3Dモデルを作成したり、実写ではなくアニメのキャラクターに寄せた3Dモデルを開発したりと、多くの企業がアバターの開発に取り組んでいる現状を考えると今後よりリアルなメタバース体験が期待できるます。

 

アバターの技術とともに、新しいVRを作り出す技術の向上も期待されています。

現在アバターもVRも作成したプラットフォーム内のみでプレイ可能です。

 

しかし、今後プラットフォーム間の垣根がなくなり、自由に行動できるようになるだろうと予想されているほど、VR技術の進歩には目覚ましいものがあります。

 

ユーザーはお気に入りのアバターで複数のプラットフォームを行き来し、さらに複数のプラットフォームをまとめて管理する、新たな形態のプラットフォームが登場する日が来るのも、そう遠くないかもしれません。

 

メタバースの発展で私たちの生活はどう変わる?

 

現在は、リアルの世界とメタバースの世界は明確に分かれていますが、技術の進歩で(部分的に)融合するかもしれません。

これはやや大胆な予想かもしれませんが、もしそうなった時、私たちの生活はどう変わるのでしょうか。

 

ほしい商品を手にとって、オンラインショッピングを楽しんでいるかもしれません。

 

就職の面接を受けたり、クライアントと大きな商談をしたりと、ビジネスを展開しているかもしれません。

 

 

バーチャルの世界で創造したものをデータ化し、3Dプリンタでリアルの世界にも創り出す、ということを当たり前のようにしているかもしれないなど、想像は尽きません。





まとめ・・・

 

メタバースの意味や発展してきた課程、そして今後の展開などについてご紹介しました。

メタバースの過去から現在を振り返ると、メタバースにはVRが進化したものであることがわかりました。

 

メタバースの発展に伴い、将来新たなサービスが登場することは間違いないでしょう。

 

その時、どんな生活の変化が起こるのか・・・

まだまだ未知数ですが、

「こんなふうに変わるかも?!」

と想像するだけでもワクワクしてきますね。

 

今後のさらなる発展が楽しみです。