生活

ドコモ口座の被害にあっていないか調べる方法!連携銀行口座を持っている人は要注意

ドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って、銀行の預金が不正に引き出される被害が問題になっています。

ドコモの口座がなくても被害に合う可能性があります。

自分が被害に遭ってないかを調べる方法をまとめました。





ドコモ口座事件とは・・・

「ドコモ口座事件」を簡単に言うと、

あなたの銀行口座から勝手に現金が引き出されてしまう

ということです。

 

別人の名前を騙ってドコモ口座を新規開設し、不正に入手した連携銀行の口座や暗証番号と紐付けることで、預金からお金を引きだすというのが犯人の手口です。

 

このニュースをみると、

 

「ドコモ口座を持っている人が被害にあってるんだ」

「ドコモユーザーじゃないから大丈夫!」

 

と思ってる方も多いと思いますが、これは大きな間違いです!

 

連携銀行の口座や暗証番号と紐付ける」

というところがミソで、

 

ドコモ口座が使える(紐付けできる)銀行の口座を持っている人全員が被害に合う可能性があるのです!!

 

連携銀行一覧と被害状況

 

まずは、自分が持っている口座の銀行があるか、連携銀行一覧で確認しましょう。

連携銀行35行一覧

・みずほ銀行
・三井住友銀行
ゆうちょ銀行(被害あり)
イオン銀行(被害あり)
・伊予銀行
・池田泉州銀行
・愛媛銀行
・大分銀行
大垣共立銀行(被害あり)
紀陽銀行(被害あり)
・京都銀行
滋賀銀行(被害あり)
・静岡銀行
七十七銀行(被害あり)
・十六銀行
・スルガ銀行
・仙台銀行
・ソニー銀行
・但馬銀行
第三銀行(被害あり)
・千葉銀行
・千葉興業銀行
中国銀行(被害あり)
東邦銀行(被害あり)
鳥取銀行(被害あり)
・南都銀行
・西日本シティ銀行
・八十二銀行
・肥後銀行
・百十四銀行
・広島銀行
・福岡銀行
・北洋銀行
みちのく銀行(被害あり)
・琉球銀行

 

この一覧に載っている銀行口座を持っている人が、今回の事件に巻き込まれる可能性が高い人です。





自分が被害に遭ってないかを調べる

 

上の該当銀行口座を持っていない人は「被害なし」です。

 

持っている人は、次のことをチェックしてください。

 

被害チェック:その1

 

銀行サイトで履歴閲覧、または通帳を記帳し、

「ドコモコウザ」「デイーバライ」

との引き落としの記載があるか確認する。

 

預金通帳では、ドコモ口座への出金は「ドコモコウザ」や「デイーバライ」として記載されます。

デイーバライとは、NTTドコモのスマホ向け決済サービス「d払い」のカタカナ表記です。

 

記載がなければ、被害はありません。

 

ある場合は次をチェック!

 

被害チェック:その2

 

過去にドコモ口座や「d払い」のサービスを使ったことがあるかないか?

 

【使ったこととがない】

不正に引き落とされた可能性があります。

すぐに銀行とNTTドコモに問い合わせをしてください。

【使ったこととがある】

「被害なし」の可能性が高いですが、自分が使用したものと比べて不自然ではないかを必ず確認してください。

 

今の所、連携銀行35行のうち、被害が出ているのは11行です。

被害が出ていない銀行であっても、大事な預金預金を守るために必ず履歴を確認しましょう。





まとめ・・・

 

今回の被害については、「全額補償」してもらえるようなので少し安心しました。

ドコモは今後、オンラインで本人確認を行う「eKYC」やSMS認証を導入し、サービス再開の時期を検討するとしていますが、顧客からの信頼を完全に復活させるのは時間がかかりそうですね。