漫画

荒木飛呂彦は何故老けないのか?土方歳三・吸血鬼・不老不死説を画像でチェック

ジョジョの奇妙な冒険の作者「荒木飛呂彦」さん。
2020年6月7日で還暦を迎えました!!

 

「ジョジョの奇妙な冒険」で、ジョジョの何が一番奇妙かというと作者の荒木先生の容姿ではないでしょうかねw

何故老けないんでしょう?
いや、老けないんじゃなくて若返ってる気がする!!

 

「リアル」吸血鬼・不老不死・波紋使い・・・?!

色々噂がとんでいますが、そんな荒木飛呂彦先生の老け知らずな画像を見ながら深掘りしていきたいと思います。





荒木飛呂彦が還暦!

 

ジョジョの奇妙な冒険は週刊少年ジャンプで1987年から連載が開始され、30年以上も続く長寿漫画となっています。

今もなお現役漫画家として活躍する荒木飛呂彦先生。

 

還暦を迎えたとは思えない、肌ツヤの良さに驚きが隠せません‼

30代と言われても全然イケますよね。

 

ジョジョの奇妙な冒険は吸血鬼やスタンド使いなどが登場するSF漫画です。

ダ・ヴィンチ 2012年 08月号

 

 

そんなこともあり、

 

「ジョジョの奇妙な冒険のネタ元は作者の実体験なのでは!?」

「波紋による呼吸法をマスターしていて、老化を遅らせている」

「アトリエには石仮面が飾られている。」

「リアルスタンド使い」

 

という噂が常に飛び交っています。

 

この若々しい姿には、不老不死や吸血鬼説が毎年浮上する「ネタ」ではあるのですが、熱狂的なジョジョファンの一部は本当だと信じている人もいるようです。

 

気持ちはわかります!

だって老けないんですもの!!

 

ここまで来ると「ホンモノ」なのではと勘ぐりたくなるレベルですw

 

何故老けないのか?吸血鬼・不老不死説を画像チェック

老けないと話題ですが、どのくらい若さを保っているのか気になるところです。

年代別の画像を見比べてみましょう。

 

20代

 

手塚賞受賞の時

 

「魔少年ビーティー」執筆の頃

 

 

20代の画像を見ると、イケメン度合いがハンパないですね。

 

 

ジョジョ9巻あたり(29歳)

 

 

30代

 

93年OVA発売時の映像(33歳)

 

 

40代

 

47歳

 

 

50代

 

51歳

 

52歳

 

56歳

 

58歳

 

 

画像を並べてみると歳を重ねてる感じはありますが、本当に衰え知らずですよね!!

素敵に歳を重ねていて、とてもダンディです。

 

吸血鬼・不老不死説 ツイッターまとめ

 

一般に荒木は漫画家として知られているが、その正体は定かではない。

その存在は少なくともルネッサンス期から確認されており、一説によるとレオナルド・ダヴィンチ作「モナ・リザ」のモデルである。

わが国で初めて確認されたのは幕末で、その時は新撰組の鬼の副長こと「土方歳三」と名乗っていた。

漫画家になった1980年代から現在までの写真を確認すると、まったく外見が変わっていないどころか、むしろ若返ってさえみえる。

この外見の不変性については、「波紋法をマスターしている」「石仮面をかぶった吸血鬼である」「石仮面そのものを作った究極生物である」などの説があるが、どの説も確証が存在しない。

引用元

 





まとめ・・・

 

荒木飛呂彦先生は歳を重ねても全く老けませんね。

不老不死・吸血鬼説はもはやネタではなくなってきているように感じます。

何はともあれ60歳、おめでとうございます^^