芸能ニュース

【訃報】安野光雅プロフィールと経歴は?おすすめの絵本4選!

空想的な絵本や幻想的な風景画で親しまれた画家の安野光雅(あんの・みつまさ)さん。

2020年12月24日に肝硬変のため死去しました。94歳でした。

 

安野光雅さんとはどんな人物だったのでしょうか?

プロフィール・経歴についてまとめました。

そして安野さんが残した素晴らしい作品の中からおすすめの絵本を厳選してみました。





【訃報】安野光雅プロフィールと経歴は?

 

生年月日:1926年3月20日

出身地:島根県 津和野町

職業:画家、装幀家、絵本作家、元美術教員

 

安野光雅さんは、1949年(23歳)に美術教員として上京し、教員を務めながら本の装丁なども手掛けていました。

 

35歳のとき教師を辞して絵描きとして活動をし、1968年(42歳)に、教え子の縁で文章がない絵本『ふしぎなえ』を発表し、デビューしています。

この絵本はエッシャーのだまし絵や心理学の図案に影響を受けて描いたトリック絵本で、世界中で評判となった、安野光雅さんの代表作のひとつです。

 

その他にも、77年からは「旅の絵本」シリーズを計9冊、74年にはアルファベットの文字の形が不思議な図を描く「ABCの本」など数々の絵本を出版しています。

 

 

 

また安野光雅さんは、天皇皇后両陛下の本を装丁したご縁から2011年1月から翌年4月にかけて1年以上にわたって、一般には非公開の御所の庭を写生する機会があったそうです。

 

2015年には、『御所の花 安野光雅展』が開催されていて、御所に咲く四季おりおりの草花を題材とした130点の水彩画が展示されました。

 

 

 

どの絵本・風景画も淡く優しい色合いと繊細なタッチで描かれていて、どこか暖かさを感じる作品になっています。





安野光雅 おすすめの絵本4選!

 

 

そんな安野光雅さんの作品の中から、おすすめの絵本を4つとTwitterの反応と共にご紹介します!

ふしぎなえ

安野光雅さんのデビュー作で代表作の『ふしぎなえ』

あがってもあがっても下へいく階段や、どうしてもさかさまに歩いてしまう横断歩道。

そんなふしぎな世界が次つぎとくりひろげられる、子どもからおとなまでが楽しめる一冊です。

 

 

 

旅の絵本シリーズ

 

 

中部ヨーロッパにはじまり、イタリア、イギリス、アメリカ、スペイン、デンマーク、中国、日本、スイスと、世界のあちこちが舞台となっている『旅の絵本』

全部で9作品もあるこの『旅の絵本』は、安野光雅さんの代表作で、多くの読者から根強い人気を得ているシリーズです。

 

 

 

 

もりのえほん

 

 

『もりのえほん』は、字のない絵のみの絵本です。

木々の間に、繁った葉の中に、草むらに――この絵本の森の中には、ゾウやリスなど130余りの動物がかくされています。広く海外でも出版され評判の高い、見事なかくし絵が楽しめる一冊です。

 

 

 

あいうえおのほん

 

 

「あ」はあんぱん、「い」はいえ、、、

 

左ページには木で組み立てられ、木目まで美しく描かれたひらがなの文字。

右ページにはどこかなつかしい日本の伝統的な形の絵が見開きごとに描かれていて、言葉の美しさを感じることのできる絵本です。

 

 

 

どの絵本も強い人気を誇っている作品なので、未読の方は一度読んでみてはいかがでしょうか。





まとめ・・・

 

いかがでしたでしょうか。

いままで数々の素晴らしい作品を手掛け、私たちを笑顔にしてくれた安野光雅さん。

ご冥福をお祈りいたします。

RELATED POST