芸能ニュース

【画像】弱虫ペダル脚本家・吹原幸太の家族・結婚・経歴まとめ

ポップンマッシュルームチキン野郎主宰で脚本家の吹原幸太さんが5月17日、脳幹出血のため急逝しました。

37歳という若さでした。

演出家・脚本家・構成作家・小説家・俳優とマルチに活躍された吹原さんですが、プライベートはどうだったのでしょうか?

ご家族・結婚、そして死因となった脳幹出血について調べてみました。





吹原幸太の家族・結婚・経歴まとめ

 

生年月日 1982年12月23日
没年月日 2020年5月17日(37歳没)
出身地 福岡県大牟田市
血液型 AB型
職業 演出家、脚本家、構成作家、小説家、俳優
ジャンル 演劇
所属劇団 ポップンマッシュルームチキン野郎
事務所 アンドリーム(&REAM)

 

2005年、法政大学経営学部在学中に、劇団「ップンマッシュルームチキン野郎」を旗揚げし、主宰となります。

 

2009年のドラマで岡田将生さんと夏帆さん主演

「オトメン(乙男)」でテレビ脚本家デビュー

 

ドラマ「天才バカボン」や「弱虫ペダル」、映画「光のお父さん」などの脚本を担当。

ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士」では清水かずき役で俳優としても活躍されていました。

 

家族・結婚

37歳と言うことは、ご結婚されて奥様やお子さんがいても不思議ではない年齢です。

本人のWikipediaには結婚や家族(妻・子供)に関する記述は一切ないため、彼の私生活は不明でしたが、Facebookの自己紹介欄に「独身」の記載がありました。

 

 

なので、ご結婚はされていないということになります。

では、ご両親や兄弟はいるのでしょうか?

 

吹原幸太さんは、2020年5月14日のご自身のツイッターで、父親の死や、母のことを語っています。

お父様は約20年前に亡くされていて、お母様は健在にようです。

 

 

こちらのツイートではお姉様の事をつぶやいています。

なのでご家族はお母様とお姉様がいらっしゃるようですね。

 

吹原幸太さんの死因「脳幹出血」とは・・・

 

吹原さんの死因である「脳幹出血」とはどんな症状なのでしょうか?

 

「脳幹」とは、人間が生きて行く上で最も重要な部位であり、呼吸や血圧のコントロールなどを司ります。

この部位に出血が生じた状態を脳幹出血といい、発症すると、頭痛・吐き気、出血量が多いと意識不明となり、重篤な状態を引き起こします。

 

脳幹は外科手術が困難な位置にあるため、治療が非常に難しいという特徴があります。

そのため、一命を取り留めたとしても、脳死植物状態に発展しまうケースも。

 

脳幹出血が起こる原因は様々ですが、主に「高血圧」が関係しており、動脈硬化として病気が進行し、ふとした瞬間に破れやすくなるとのことです。

 

吹原さんは、意識不明で倒れて4時間後には帰らぬ人に..

若くても気を付けねばならないことを改めて実感させられます。

 

ツイッターでの反応

 





まとめ・・・

 

若くて将来有望な方が亡くなってしまったことは本当に残念でなりません。

残されたお母様とお姉様の悲しみを考えるとやるせないですね。

吹原幸太さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

RELATED POST