芸能ニュース

斉藤洋介の死因は咽頭がん?若い頃からの出演作品・スマスマ出演まとめ

数々のドラマや映画作品に出演してきた俳優の斎藤洋介さんが、がんによる闘病の末に2020年9月19日に死去されました。

善人から悪役まで幅広く演じられる名脇役として、沢山の作品に出演されました。

斉藤洋介さんが出演した作品の中で、印象深かった役をまとめます。





斉藤洋介の死因は咽頭がん?

今年7月、歯のインプラントのため検査をしたところ、咽頭がんが発見されたそうです。

その際、約1週間ほどの入院で、がんを切除。

退院後は再発防止のための放射線治療を受けていましたが、 昨日(19日)の夕食時に「調子が悪い」と訴え、救急搬送されましたが、帰らぬ人となりました。

 

激ヤセが話題になることも・・・

 

斉藤洋介さんは大のアルコール好きで、2011年にアルコール性肝炎を患ってしまったそうです。

そのため、その頃から晩年にかけて度々「痩せた」「急激に老けた」「顔が大きく変わったと話題になっていました。

 

2019年3月に「オレオレ詐欺」の被害にあったとインタビューを受けていた時のお姿は、頬はこけ、目は落ち窪み、肌に張りがない印象がは更に病気では?と心配されていました。

 

2020年5月に出演した「有吉の壁」は最後のお仕事だったようですが、その時も激ヤセがぶりが話題になりました。

 

ガンが発覚したのは7月ですが、今思えばこの頃にはすでに病魔に侵されていたのだと思われます。





若い頃からの色々な役を演じた出演作品

 

数々のドラマや映画で名脇役として欠かせない存在であり、その演技力はとても素晴らしい俳優さんでした。

印象が強かった作品をまとめました。

 

『男たちの旅路』第4部の「車輪の一歩」(1979年)

 

身体障害者というテーマを真正面から扱ったドラマ。

 

斉藤洋介さんは車椅子の青年役を演じ、初出演ながら、

「ポルノ映画を見るために周囲の人に介助してもらう」

「両親に『トルコ風呂に行きたい』と告白する」

など難しい役どころながら重厚な演技を見せ、注目を集めました。

 

 

人間・失格〜たとえばぼくが死んだら

 

体罰教師役をリアルタイムで観ていた人は、かなりのギャップに衝撃を受けたと思います。

 

聖者の行進(1998年)

 

知的障碍の子達を雇った製作所の社長から虐待を受けている子供達をかばう優しい現場監督の役でした。

 

 

ゴジラvsスペースゴジラ

 

その他

 

本当に様々な役をこなされた名バイプレーヤーですね。

 

スマスマ出演

 

斉藤さんは名脇役として活躍する一方、フジテレビ「SMAP×SMAP」では放送開始当初から準レギュラーとしてさまざまなキャラクターを演じていました。

 

 

斉藤さんと言えばスマスマでのモアイ像のイメージ!!

 

コントでは、コミカルで優しい笑顔が印象的でした。





まとめ・・・

映画やドラマでは悪役から善人まで違和感なく演じ、バラエティ番組ではコミカルなキャラが人気だった斉藤洋介さん。

これだけの名俳優さんが亡くなってしまったことはとても残念でなりません。

ご冥福をお祈りいたします。

RELATED POST