音楽

【画像比較】石川さゆりのほくろがない?大きくなったから除去したのか?

日本を代表する国民的な演歌歌手の石川さゆりさん。

石川さゆりさんといえば、「あごの下のほくろ」がセクシーで色っぽいですよね。

しかし、そのがトレードマークであるほくろが、

大きくなったり・・・・
濃くなったり・・・
盛り上がって見えたり・・・

と、かなりの変化を遂げています。

最近では、ほくろがなくなって見えることもあり、「除去したのか?」という声も上がっています。

 

実際に除去されてしまったのでしょうか?

ほくろの変化を見ながら検証していきたいと思います。





石川さゆりのトレードマークのほくろがない?

 

度々出回る、石川さゆりさんのあごのほくろがなくなったという話題。

 

結果から言うとなくなったわけではなく、お化粧でカバーしているようです。

なので、角度や光の当たり具合によって、ほくろがなくなって見えているようです。

 

 

パッと見分からないくらいまでほくろが消えています。

 

 

化粧でのカバー力に感心してしまうところですが、せっかくの石川さゆりさんのトレードマーク・チャームポイントを隠してしまうのはとても残念ですね。

 

ほくろが大きくなったから除去した?

 

ここからはあくまでも勝手な考察になります。

石川さゆりさんがほくろを化粧で隠している理由の一つとして、ほくろが大きくなったり、濃くなったり、盛り上がって見えたりする変化によるものではないかと考えます。

 

では、若い頃からのほくろの変化を見ていきたいと思います。

 

70年代

 

 

80年代

 

70年代・80年代はほくろは小さく、とてもセクシーです。

それにしても、初めはアイドルデビューだっただけあって、透明感があってめちゃくちゃ可愛いお顔立ちです!

 

天城越えのジャケは超色っぽい・・・ここまでなるとほくろはエロく感じますね。

 

90年代

 

200年以降

 

90年代に入ると、ほくろが大きくなり、色も濃くなり、少しずつが膨らみを増してきているのがわかります。

ちょっと目立ちすぎて、セクシーさが薄れてしまったような気がします・・・

 

というか、鏡を見るたび気になってしまう大きさですし、何かの病気ではないかと疑ってしまうくらいです。

 

なので、石川さゆりさんはもしかしたら、病院にかかり、相談してほくろをレーザーで薄くしたのではないでしょうか?

 

 

19年と20年を比べると、明らかにほくろが薄くなっています。

化粧でカバーしているので、わかりずらい所もあるのでスッピンぽい画像でも見てみると、

 

 

やはりほくろの大きさと色の濃さが目立たなくなっています。

しかし、ほくろの膨らみは残っているところが確認できますので、ほくろ除去はしていないことがわかります。

 

石川さゆりさんは2000年を越えたあたりから、ほくろが目立ち始め、そこから消えたり、大きくなったりを繰り返しています。

 

 

 

 

2011年あたりからほくろが消えたと話題になっていたことから、そこから何年かおきごとにレーザー治療を受けているようです。

 

だから、レーザーで薄くした後は、化粧でカバーしているんですね!

 

 

ほくろの除去をしても取り切れなく、化粧でカバーしてるという見方もありましたが、

石川さゆりさんのほくろはトレードマークであり、チャームポイントなので私は除去はせずにレーザーで薄くしたと考えました。

 

 

本当にあごほくろは最強にセクシーですよね!!!

なのでレーザーで薄くしても、あまり隠さないで欲しいなと思ってます。





まとめ・・・

 

石川さゆりさんのあごのほくろについてまとめました。

大きくなったり、濃くなったりすると皮膚がんを疑ってしまいますが、今の所そのような話は聞きませんので、病気ではなさそうですね。

加齢によるものと思われますが、なくなってしまうのは嫌なので絶対に除去はしないで欲しいです。