グルメ

【DRAGON CHEF】山下泰史シェフの家族(嫁・子供)経歴・店(トアヒス)まとめ

2021年7月4日放送の「DRAGON CHEF 2021」

“料理人のM-1グランプリ”ともいわれているこの闘いのファイナリストの1人に選ばれた、福岡代表の山下泰史(やました たいし)シェフの

  • プロフィール(家族:嫁・子供)
  • 経歴
  • お店(トアヒス)

についてまとめました。





【DRAGON CHEF】
山下泰史シェフのプロフィールと家族(嫁・子供)

【名前】: 山下泰史(やましたたいし)

【生年月日】:  1986年2月22日

【年齢】: 35歳(2021年7月現在)

【出身】: 愛媛県宇和島市

【学歴】: 吉田高等学校、大和学園京都調理師専門学校

【お店】: TTOAHISU(トアヒス)

 

髭がカッコイイ、ワイルド系イケメンな山下シェフ!

金髪だとちょっとヤンチャぽく可愛らしくなりますね♪

 

2011年頃に結婚していて、3人の娘さんがいるパパさんです。

将来的には障害者就労のA型事業所を作り、障害を持つ方々と一緒に楽しくてかっこいい仕事をしたいという素敵な夢をもっています。

 

2016年5月、自身の店『TTOAHISU(トアヒス)』をオープン。

 

山下泰史さんの実家は愛媛県ですが、福岡県にお店を構えています。

奥様の実家が長崎県なので、子育てなども考えた上で奥様の家族が近くにいる環境を選んだようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TTOAHISU(@ttoahisu_japan)がシェアした投稿

 

そんな家族思いの山下シェフは、「世界に通用する日本のフレンチ」を発信するミシュラン1つ星を獲得した凄腕オーナーシェフです。

 

山下泰史シェフの経歴

 

この投稿をInstagramで見る

 

TTOAHISU(@ttoahisu_japan)がシェアした投稿

 

幼い頃から料理が好きで、小学生の時からキッチンに立っていたそうです。

 

京都調理師専門学校卒業後、長崎にあるハウステンボス内の『ホテルヨーロッパのデアドミラル』のフレンチ部門で3年間勤務。

 

その後は、

京都『ルヴェソンベール』
長崎『ホテルモントレ』
東京『シャトーレストランジョエルロブション』
東京『アムール』

と色々なお店でフレンチの技を磨き、東京『アロマクラシコ』ではイタリア料理を学びました。

 

渡仏の機会も得て、パリのビストロでも研修したそうです。

 

その後、拠点を福岡に移し、2016年に「TTOAHISU(トアヒス)」で独立しました。

 

山下泰史シェフの店 TTOAHISU(トアヒス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

TTOAHISU(@ttoahisu_japan)がシェアした投稿

 

福岡・博多の地下鉄大濠公園駅から徒歩3分。

とても立地の良い場所にあります。

 

 

お店の名前の由来は、家族の名前の頭文字を取り、

T(たいし)・TO(と)・A(あ)・HI(ひ)・SU(す)』

『TTOAHISU(トアヒス)』だそうです。

 

僕は、フランス料理と、少しだけイタリア料理を学んできました。

店名は妻と3人の娘の名前の頭文字から成っています。

3人の娘が障がいを持って生まれ、子どもたちに「何かを残したい」という思いから、妻の実家の長崎に近く、食文化が開けている場所を考えて福岡で独立。

10年後には、障がいを持っている子どもたちが働ける本格的なレストランを作りたいと考えています。

これから、料理人として”力”を持ち、発言力を高めることができれば、それが実現できるのではないか。その大きな夢が、今の僕の原動力です。

引用:https://cuisine-kingdom.com/topchef-originality-4/

 

 

奥様と3人の娘さんとの家族の絆や障害を持つ人が安心して働ける場を作りたいという夢など、山下シェフは素晴らしい人格と愛情をもった方ですね。

 

お店では度々障害児クッキングスクールを開催していて、子供たちに料理の楽しさを伝えているようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

TTOAHISU(@ttoahisu_japan)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

TTOAHISU(@ttoahisu_japan)がシェアした投稿

 

また店内はバリアフリーになっていて、車いすでの来店も可能とのこと!

「必要でしたらお手伝いもさせていただきます」

と解答がありましたので、どんな方でも安心して美味しい料理と時間を楽しめそうです。

 

日本とフランスが融合されたお店と料理

 

お店の外観や店内は、木製の門や天井から吊るされた暖簾、和テイストの食器などで溢れていて、懐石料理店を訪れたかのような驚きがあるレストランです。

海外のお客様は日本らしさを、日本のお客様はフランス料理との融合を楽しんでもらえるような工夫がされていて、山下シェフの感性や世界観にも引き込まれてしまいます。

 

「日本の文化×フランス料理」がテーマであるので、

 

日本料理とフランス料理がフュージョン(合体)したアート作品のような料理が飛び出してきます。

 

 

目で楽しみ、味を堪能する!

これぞ素晴らしいシェフが手掛けた料理を食する醍醐味ですね♪

 

 

店内にスライムが・・・www

ここでのお客様は、まさに未知の領域に踏み入れた「冒険者」になってしまうのかもしれませんねw

レベルを上げてラスボス(山下シェフ)の世界観や料理に挑んでみたいものです♪





まとめ・・・

 

「DRAGON CHEF 2021」

福岡代表のファイナリストの山下泰史(やました たいし)シェフの

プロフィール(家族:嫁・子供)、経歴、お店(トアヒス)

についてまとめました。

 

山下シェフは料理人として”力”を持ち、発言力を高めて、障がいを持っている子どもたちが働ける本格的なレストランを作る大きな夢の実現に向かって素晴らしい料理人でした。

多くの人達に山下シェフの願いと料理が届くと良いですね。

【DRAGON CHEF】花田洋平(大阪・中華)プロフィール・経歴・お店(花梨)まとめ

【DRAGON CHEF】下國伸シェフのプロフィールと経歴!職場(コート・ドール)はどこ?